就活のためのスーツ選び

就活の際の身づくろいはとても重要な要素

少子化の影響があって、企業が学生を求めている現在の売り手市場でも、人気の企業というのは相変わらず高い競争率となっています。全体的に見ると売り手市場である求人事情ですが、大手企業や人気企業に募集が集中するという格差が生じているのが現実です。そのため、本当に入りたい企業からの採用をゲットするためには、就活をないがしろにすることはできません。

その一つの大事な要素としては、見た目の清潔感やさわやかさです。もちろん、良い人材として評価されるポイントは、資質やスキルなどの人間の中身です。しかし、採用担当者も心の中身をのぞけるわけではありませんので、表面に現れるサインを見て判断することになります。そのサインの一つが身づくろいなのです。きちっと清潔感のある服装をしていること、ビジネスにふさわしいフォーマルな服であることが条件となります。服装によって評価が変わることもありますので、就活を成功させるためにもしっかりとこの点を考えるようにしましょう。

就活ようスーツの選び方

本来、ビジネスにおけるスーツというのは、フォーマルなものであれば問題なく、それぞれの好みや個性を反映したものであっても構わないものです。しかし、世界的に見ても特殊なケースと言えますが、日本の就活においてはいわゆるリクルートスーツというものに統一されてしまっています。もはやこれは就活の際の習慣となっていることですので、志望企業に入るためには習慣に従うのがベストということになります。

スーツと靴の色は黒で、シャツは白というのが基本となります。そして、男性の場合はシングルで、ラペルは細すぎずフォーマル感が出ているものを選びます。サイズは体形に合った適度なサイズ感が良いですが、あまりにぴったりし過ぎているものだと、スタイリッシュ過ぎると見られることもあります。もちろん、ダボダボのサイズだと印象が悪いので避けた方が良いでしょう。