還元率が高くて人気のリクルートカードの作り方

還元率が高くて人気のリクルートカードの作り方

リクルートカードは、旅行サイトじゃらんや美容室検索サイトホットペッパービューティーなど、便利な場所でポイントを貯められる年会費無料のクレジットカードです。

今回は、リクルートカードの取得方法と審査に通るための申し込み方法を順を追って解説していきます。リクルートが発行するリクルートカードには、「リクルートカード 」と「リクルートカードプラス 」の2種類があります。リクルートカードは、クレジットカード キャンペーンで土日に8000ポイントプレゼントになっています。

リクルートカードプラスは国際ブランドJCBに限定されているが、リクルートカードは3つの国際ブランドから選べるようになっている。Mastercard、VISA、JCBの3つの国際ブランドが選べる。

国際ブランドを選ぶ際の大きな違いとして、ETCカードの発行手数料が挙げられます。MastercardとVisaは1,100円(税込)、JCBは無料である。もう一つの違いは、電子マネーチャージのポイント対象で、JCBは2種類の電子マネー、MastercardとVisaは4種類の電子マネーとなっています。

目次

リクルートカードの特徴

リクルートカードは、キャッシュバック率が1.2%と市場でもトップクラスです。ショッピングだけでなく、公共サービスの支払いや電子マネーのチャージでもポイントが貯まります。

これはカード会員にとって大きなメリットとなります。例えば、毎月2万円の公共サービスの支払いをした場合、年間2880円分のポイントを貯めることができます。

さらに、リクルートグループのサービスを利用すれば、キャッシュバック率もアップします。リクルート直営のショッピングモール「ポンパレモール」で買い物をすると、キャッシュバック率は4.2%になります。

さらに、じゃらんnetを利用すると、キャッシュバック率が3.2%にアップ。また、国際ブランドのMastercardやVISAを選べば、nanaco、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCAの4種類の電子マネーのチャージでポイントを貯めることができる。そのため、電子マネーをよくチャージする人には、おすすめのカードといえる。

WEBからのリクルートカードの申込み

RECRUITカードのお申し込みは、オンラインで簡単に行えます。ただし、すでにリクルートIDをお持ちかどうかで、お申し込み方法が異なります。

リクルートIDをお持ちでない方は、まずリクルートIDを無料で取得する必要があります。そのためには、リクルートカードの公式サイトにある新規会員登録ページに移動し、必要事項を入力して登録する。

なお、すでに「じゃらんnet」や「ホットペッパー」のリクルートIDをお持ちの方は、新たに取得する必要はありません。登録が完了したら、カード申し込みページから希望の国際ブランドを選択して申し込み手続きに進みます。

リクルートカードを申し込む際、本人確認手続きの一環として、本人確認書類を提出することが重要です。

本人確認書類には、運転免許証やパスポートが含まれます(お持ちの場合)。運転免許証をお持ちでない場合は、パスポートや在留カードのコピーが必要となる場合があります。

また、本人確認書類は2つ必要であることも知っておきましょう。つまり、運転免許証やパスポートに加えて、健康保険証など、もう1つの本人確認書類が必要になる場合があります。スムーズな手続きを行うためにも、必要な書類はすべて用意した上で、申し込み手続きを行うことが大切です。

利用規約をご確認の上、会員情報、お支払い口座の入力をお願いします。これらの手続きが完了すると、カード会社によるカード申し込みの審査が行われます。このプロセスは通常、数日かかります。承認されると、カードが郵送され、カードの特典を楽しむことができるようになります。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる